FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までありがとう

よく考えたらもう風俗嬢ではないので、このブログを更新するのをやめます。
今まで本当にありがとう><。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

風俗嬢として学ぶべきこと

 お客さんが遠くへ転勤することになりました。
 まあ、沢山の指名客の内のひとりじゃないか、と自分で納得させようにも、どうにもこうにも、心がついてきませんね。

 最後もヘラヘラ笑い合った。いっぱいはしゃいで、いっぱいエッチなプレイを繰り返した。
 お互いに、これが最後では、と思っていた。
 なのに、卒業の時は会いに来たいから、教えてくれと言う彼。いつものおどけた彼らしくなかった。
 私のあげたプレゼントを大切に抱えて、元気に去っていく姿を見送って、ものすごい泣いた。

 一度もキスしなかったな。
 
 一度も連絡先、訊かれなかったな。

 でも、愛を貰った数年間でした。 

 最高でした、と店にメールを貰って、驚いて、また泣いた。
 もっとドライな人だと思っていたから。

 私は間違っていたんじゃないだろうか、と不安になった。彼に、もっといろんなことをしてあげられたんではないか、もっと幸せにしてあげられる女の子は他にいっぱいいたんじゃなかろうか、どうして私に通ってくれたのか、なんで最後に真面目に気持ちを綴るメールなんかくれるのか。どうして。
 お客さんの本当の心は、こうして後々気付くばかりです。
 通ってくれることが「答え」なのだろうけど、それに気付かずに接客していると思う。というか、それを認識するのは怖いからフィルターをかけているんだと思う。
 
 ほんまに幸せを貰ってばかりです。私なんかに勿体ないです。
 できることは、今いるお客さんをもっと大事にすることやなと思う。私のような汚れた女に、できることなんか限られてると思う。でも、ちゃんと頑張りたいです。やれることを丁寧にやるしかないと思う。馬鹿高いお代を頂いているんだから。

 お客さんと割り切ることは難しい。好きな人はほんとうに好きだし、さよならは嫌だ、会いたいと思う。
 でも、ちゃんとラインを引いておかないと、お互い不幸になるから、その上で出来る最大の仕事をしなくてはと思います。それが相手を思いやることだし、自分を大切にすることだと思う。
 自分を大切にすることは、高いお金を払ってくれるお客さん一人一人への礼儀だと、最近強く思います。

疑問だ

 ふと一人になった時、もう誰でもいいから今のだらしない私をとことん罵倒するか褒めちぎってほしいと思うことがある。でも違う、やっぱり誰でもいいわけじゃなくて、どこかで心を通わせた誰かがいいと思ったり、できればその人にさびしい夜は抱きしめて欲しいと思ったりする。
 その人が今後も一番大切な人になればいいなと思う。

 私たち風俗嬢はそんな役割の仕事だなと思う時がある。射精するだけじゃ寂しい人が、付加価値を求めてお金を出してくれる。
 
 笑顔でこんにちは。
 素敵な洋服ですね、優しそうな方ですねと人を見て適当にけれど熱心に褒める。褒める褒める。
 物欲しそうな顔でこちらからキスをせがんで、抱きしめ合って、股間をいじる。
 いっぱい見つめて抱き合って、世界にあなたしかいないと言うほど求めて身体中を嘗め回したりする。
 射精後だって、ずっとずっとずっとずっと傍にいる。褒める褒める。
 寂しい寂しいと手を振って別れる。

 60分勝負でうまくいけば暫く忘れられない女になれる。(実際そんな単純作業じゃないけれども)私、男だったら絶対風俗嬢に恋してると思う。単純だから誰よりハマるしとことん散財するね。あ、でもホストなんかは興味ない。演技下手そうで萎えるわ。って、ホスト経験ないのに適当なこと語ってごめんなさい。

 何が欲しいんだろう
 ずーっと演技してて空しい(大好きなお客さんだっているけど、相手が求めるのは素の私じゃない)
 お金を貰っても空しい、どうせ貯まらないし 貢ぐし多分 かえってこないし
 からっぽ
 みんなどうしてるんだろうって、いつも疑問だ

とりあえず数日の話

 気ままに過ごしていました。いつも気ままなのですが、いつも以上に猫な日々。6月。

 今月のことをさらっと書きます。
 
 
 先日、とある作家さんと飲みに行かせて頂いて、カルチャーショックな話題で数時間も楽しませて頂きました。おかげでシラフでした。(ありがとうYさん!)

 翌日はショッピング&病院めぐり。結局施したのは足の脱毛、それから顔に激痛レーザーを照射し、未だ驚くほどに腫れています。(化粧で隠れるかな。)その夜は地元の友達と長電話をし、「私達に結婚はありえない、仕事だ仕事」という結論を出して満足し、夜中は独身女のDVDを垂れ流すように鑑賞し、アイスを二つも食べて後悔。また太った。(こうして堕ちていくのか)

 その翌日は大好きな人と飲みに出掛けて朝帰り。二軒目のバーでお世話になった店長のKさんは、回転の速さゆえに超毒舌。大好きになりました。また行こう。(図らずも家から結構近いのでラッキー。まあでも、緊張するから一人では行けない)

 そして今日、二日酔いで吐きました。功労賞みたいなもんでありがたいです。


 月初とにかく遊んで、仕事日は完全モードに切り替える!
 いやー先月は地獄だった。でも喉元すぎれば熱さを忘れるんだよな。なんて、完全に消化しました。泣いてた日々が馬鹿らしい。立ち止まる時間、走れば良かったのにといつも思う。


 
 本当にお久しぶりです。
 
 更新しないのでご心配下さった方々、本当にありがとう。またメール&コメント返信させて頂きます!(この後仕事なので遅くなりますが、ごめんね、よろしくです)
 気にかけて頂いてすごく嬉しかった。
 ありがとう。


 奈緒子

無題

 最近、毎朝目を覚ますのが億劫。思春期の頃に戻ったみたい。どうして私はこんななんだろうと後ろ向きなことばかり考えてしまって堂々巡り。なのに指名が続けば妙な自信を持ってしまい、お客さんの言ってくれるお世辞に本気で喜んで、お客さんをちゃんと見てあげられなくなっている。日々の締めくくりには自己嫌悪。そんな毎日に落ち込んでいます。もう、どうしてこんな私に会いに来てくれるんだよーー
 店長に「理想が高すぎてしんどいやろ。ええやんか、わがままで」と言われた。そうだ、わがままだ。でも理想が高いんじゃない。普通になりたい。無理なら、とことん頭のおかしい表現者でいたい。どっちも私には手が届かないんです。最悪なことに小心者だし。お店の女の子と喋ってても、最初は、いつも忙しそうですごいですね、と言っていた子が、どんどん、こいつ本番でもやってんのかな……いいとこが見当たらないな……という顔になっていくのがわかると、謝りたい気持ちになる。風俗店じゃなければモテるのは100%あなただよ、でもここは特殊だし何より風俗店だから、私みたいな癒ししか取り柄のない女に単純に癒されたいという、日常サバイバーな男が多いのかね、たぶんね、などと苦しい言い訳がしたくなる。あ、ウチで本番なんかやったら絶対人気でないよ。私だって私なりに頑張っています。
 毎日卑屈で、両手に言い訳ばかりを用意してしまっている自分が気持ち悪くて吐きそう。
 ブログで吐き出さずにいられない幼さがもう、恥ずかしい。
 手が届かないものを追い求めることは苦しい。究極の片思い。それを自分の可能性にばかり探しているようで、ばかみたい。もっと人と向き合いたい。自分のことでばかり悩んでいたくない。過去に戻ってやり直したいことばかり巡る。あれもこれも言わなきゃよかった、傷つけたくなかった、でもいい人でいるのも苦痛だ。
 こんな私にまだかまってくれる優しい人を、もう一人も失いたくない。過去に戻れたとしても、きっと戻らない。いま目の前にいる人に、ありがとうって笑顔で言える、かわいい女でいたいんです。



 追伸:こんなことばかり書いているのに、コメントくれる優しい方々、本当にありがとう。嬉しくて勿体ないです。またコメント返しするね。
 奈緒子
プロフィール

Author:奈緒子
暇なときにきます

Twitter関連
ando_naokoをフォローしましょう
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メール♡
良ければどうぞよろしく(*´ω`*)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ユーザータグ

RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
26640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1588位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。